安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査

安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査

安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査 飲食店やスーパーの経営者が頭を抱えている問題といえば、食の安全性ではないでしょうか?どんなに新鮮で味の良い食材を仕入れていても、食中毒菌の有無や、残留農薬など目に見えないものに関しては、不安は残ってしまうものです。

そんなときに役立つのが、保健科学東日本の食品衛生検査です。この検査は、臨床検査技術を応用しており、食品の安全性を確認するのに役立ちます。検査の種類としては、まず、食品微生物検査があります。これを行うことで、食品に食中毒の原因となる菌が含まれていないかがわかります。その他にも、腐敗状況や汚染度などを調べることもできます。そして、消費者に安心して食材を選んでもらうのに欠かせない栄養成分検査も行っています。食品の栄養分や熱量が、健康増進法により定められている基準を守っているか確認できます。

さらに、保健科学東日本の食品衛生検査には、残留農薬検査と肉種判別検査もあるのです。残留農薬に関しては、平成18年に施行されたポジティブリスト制度により、より基準が厳しくなったといえます。このポジティブリスト制度に対応できるように、保健科学東日本では残留農薬多成分一斉分析を行っています。肉種判別検査は、JAS法と食品衛生法の規定に基づいて、原料肉の表示ができるように検査を行います。様々な食品衛生検査を行っている保健科学東日本は、安全な食のパートナーといえるでしょう。

お知らせ