安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査

安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査

安全を届ける保健科学東日本の食品衛生検査 飲食店やスーパーの経営者が頭を抱えている問題といえば、食の安全性ではないでしょうか?どんなに新鮮で味の良い食材を仕入れていても、食中毒菌の有無や、残留農薬など目に見えないものに関しては、不安は残ってしまうものです。

そんなときに役立つのが、保健科学東日本の食品衛生検査です。この検査は、臨床検査技術を応用しており、食品の安全性を確認するのに役立ちます。検査の種類としては、まず、食品微生物検査があります。これを行うことで、食品に食中毒の原因となる菌が含まれていないかがわかります。その他にも、腐敗状況や汚染度などを調べることもできます。そして、消費者に安心して食材を選んでもらうのに欠かせない栄養成分検査も行っています。食品の栄養分や熱量が、健康増進法により定められている基準を守っているか確認できます。

さらに、保健科学東日本の食品衛生検査には、残留農薬検査と肉種判別検査もあるのです。残留農薬に関しては、平成18年に施行されたポジティブリスト制度により、より基準が厳しくなったといえます。このポジティブリスト制度に対応できるように、保健科学東日本では残留農薬多成分一斉分析を行っています。肉種判別検査は、JAS法と食品衛生法の規定に基づいて、原料肉の表示ができるように検査を行います。様々な食品衛生検査を行っている保健科学東日本は、安全な食のパートナーといえるでしょう。



保健科学東日本が行う臨床検査の受託業務

企業にとって企業倫理を制定することがとても重要なことです。しっかり制定することができればその企業は信頼され業績を伸ばすことができます。保健科学東日本でもしっかり企業倫理を制定しているからこそ、社員一丸となって働ける環境がしっかり整っています。保健科学東日本では企業倫理を確立したことで、社員が一丸となって社会的使命とはどのようなものなのかを常に考えながら、自分たちが果たすべき職務の責任を常に考えて行動することができるような、会社の環境がしっかり整っている素晴らしい会社です。職場環境がしっかり整っているからこそ、社会的信頼の向上を図ることができるので、多くの人や企業から信頼されている会社なのです。

常に向上心がある社員が確かな技術と誠意を持って、お客様のために何ができるかを真剣に考えながら、地域医療に貢献して発展させ豊かな健康社会の創造に貢献するという考えが保健科学東日本にはあります。どのような技術を取得すればお客様に満足してもらえるサービスを提供できるのかを常に考えて日々個々の能力を上げるために努力をしています。社員が一丸となって努力をすることができれば、必ず地域医療の発展に貢献できるという熱い思いで日々業務に取り組んでいます。だからこそ保健科学東日本は今まで様々な健康社会の創造にしっかり貢献することができてきたのです。

保健科学東日本ではこれからも企業を発展させていきたいと考えています。だからこそ社員全員で企業活動に関係する法律、政令、省令、条例などをしっかり理解しながら守らなければいけないということを理解して公正で良識ある企業活動を実践することが求められています。常にお客様のためにサービスを提供するためには、自分たちが全てをしっかり理解しなければいけません。どのように理解していくかを組織で考えながら保健科学東日本で独自に作成した様々な内部規定や手順書を遵守しながら業務を遂行していくことが求められています。

しっかり独自で作成した内部規定や手順書や、国や地方自治体などの法律、政令、省令、条例をしっかり守りながら公正で良識ある企業活動を実践するためにはどのようにしていけば良いかを常に考えて社員全員で行動することで、お客様や取引先などから信頼される企業に成長し続けることができるのです。だからこそ社員がその都度真剣に考えて行動することができる環境がしっかり整っている素晴らしい組織が出来ています。

お知らせ